ミスタータイヤマン松山平井店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

アライメント道・・・⑥

2018年11月29日

1991年シリーズでは、トップに対してコース前半の上り勾配区間で3秒離され、下り区間で1秒詰める!これで2秒差だったものが、エンジンO/Hの威力は凄まじく、1992年の初戦では、2位をほぼ1秒離してポールポジションを獲る事が出来ました。

そして緊張のスタートではトップを譲る事無く最後まで走り切り、最初の目標である優勝を勝ち取る事が出来たのです。

その後のシリーズ6戦を、優勝3回、2位、3位、5位一回ずつで、見事シリーズチャンピオンの輝きました。

そして本当の目標であった、11月の茨城・筑波サーキットでの日本一決定戦(北海道・東北・関東・山陽・西日本の各シリーズ3位と、関東の4~6位までがマーチ使い日本一を決めるレース)に参加するのです。

  • 投稿者:鑓水

ページトップへ戻る