ミスタータイヤマン松山平井店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

ホンダ・プレリュードにプレイズPXⅡを装着しました

2020年2月25日 【ホンダ タイヤ タイヤ・ホイール関連 > 乗用車用タイヤ交換】

私が免許を取った頃に、愛車選びの一大勢力だった”スペシャリティカー”もしくは”デートカー”(今や両方共死語)。

父親世代ならトヨタのソアラで、我々若者はホンダ・プレリュードに憧れたものでした。

とは言え、大人気だった3代目プレリュードも生産が終わって早30年!

すっかり街中で見かける事も無くなって来ましたが、どっこい当店にはプレリュードのヘビーユーザー様がいらっしゃるのです。

40万kmを超えてもなお元気に走るプレリュードですが、維持に頭を悩まされているそうです。

純正部品も殆どが生産を終えているので、埼玉県にある”聖地”で色々と調達して貰ってるそうです。

と、視点をタイヤに向けてみると・・・

純正サイズの195/60R14と言うサイズのタイヤが殆ど見つかりません。ブリヂストンのラインナップを見ても、プレイズPZ-1とポテンザRE-71RSのみです。

ネオ・クラシックなプレリュードにはプレイズなのでしょうけど、オーナー様には4世代前(エコピアPZ-X含む)と言うのが引っ掛かり、ポテンザはボディに負担が来そうで怖い。

そこで外径に近い185/65R14にサイズを変更し、今までレグノGR-XT、プレイズPXと装着していただいてました。

そして今回は、新登場の「プレイズPXⅡ」を選択して頂きました。

さあ45万kmを目指して頑張れ!プレイズ。

 

ページトップへ戻る