スタッフ日記

セパレーション

2020年6月25日スバル インプレッサ タイヤ タイヤ・ホイール関連 > パンク修理 乗用車

ジメジメ~

 

ジメジメ~~

気持ち悪いです。

時季的な事なので仕方のないこと何ですが、、、

四季の中で1番嫌いです( 一一)

 

 

さあ本日はこの時季ぐらいから増えてくるバーストに繋がるお話です。

わかりにくいんですがこの傷口の所がこんもりしているんです。

中のコードが切れてしまっている”セパレーション”おきています。

バーストの一歩手前の現象です。

まだ車も新しいのでもったいないんですが危険なタイヤになってしまっています。インプレッサのピカピカ車です(^_-)-☆

新車装着タイヤがTURANZA T001でした。

同等性能はこちら当店名物 REGNO GRーXⅡです。

このサイドデザインがカッコイイですよね☆

今回は縁石にぶつけてしまった為におきてしまった出来事です。

タイヤのサイドはトレッド面に比べてもろいです。

基本的にサイド部はパンク修理不可です。

縁石にぶつけたから必ずセパレーションするわけではありません。

ですが、セパレーションしているタイヤはOUT‼

新品のタイヤ、新車のタイヤでこれがおきると涙ちょちょ切れちゃいます(;O;)

なので”気を付ける”これしかありません。

 

もし縁石とケンカしたり真っ直ぐ走らないとか、、

何か気になる事がありましたら無料点検致しますのでお気軽お越しください☆

ページトップへ戻る