ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

「大型トラック」モデルチェンジ勢ぞろい

2018年8月17日

大型トラックのフルモデルチェンジが各社から発表されて、勢ぞろいしました。

 

日野プロフィア、 イスズギガ、 三菱ふそう(メルセデスベンツ) スーパーグレード 、

 

UDトラック(ボルボ) クオン  

 

 

 

 

 

 

 

 

各社ともミッションにATを採用していることです、ドライバー不足や疲労軽減を考慮しているようですが

 

おれ達お父さんが注目しているのは、三菱ふそう(メルセデスベンツ) のトラックですATミッションが

 

標準装備になっていることと、UDトラック(ボルボ)の総輪ディスクブレーキ装着が興味が涌きます。

 

両社とも、ベンツとボルボのエンジンを搭載しているので、日本と欧米の大型トラックメーカーの

 

日本市場での激突が今後どのような展開を見せるか、販売合戦が激しくなることでしょう。

 

又、スエ―デンに本部をおく「スカニア」も本格的に日本上陸を果たしました。

 

 

 

 

これまであまり知られていなかった 西ドイツの車輪メーカ「BPW」がこの10年ほどで

 

トレーラーの台車の車輪の装着率が6割ほどのシェアーを伸ばしたのは、素晴らしい技術力が

 

あるのでしょう、、

 

 

 

 

大型トラック用タイヤを売っているおれ達お父さんも、新たな時代に遅れないよう日々学ぶところが

 

沢山、ありますね、、、

 

そのうち、三菱ふそうから、「スーパーシングルタイヤ」装着の2階建てバス 「エアロキング」が

 

ブリヂストン製495/45R22.5 グレイテック を装着して新発売になるかも? 

 

      希望的観測です、、

 

面白くなってきたぞ、、、、、、、、

 

 

                               、

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る