ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

名人芸の放流 日吉ダム

2018年7月23日

京都府園部にある日吉ダムは、仕事で出張サービスに近くまで時々行くことがあるので

仕事が終えたら時々行くのですが、道の駅と温泉が併設されていて、景色のいいところです。

 

少し足をのばすと、美山の茅葺集落があり観光客が沢山訪れるようです。

普段はダムの貯水は満杯になることはほとんどないのですが、今回の「西日本集中豪雨」では

ダムが決壊の恐れがあったようです。

 

 

https://matome.naver.jp/odai/2137930407974463101

NAVER「日吉ダム、京都を救う」

 

 これによると、ダム管理事務所の責任者の適切な対応と長年の経験から、放流と貯水を時系列で

 

見おることができるので、緊迫した様子がみてとれます。

 

https://togetter.com/li/564866

togetter 日吉ダムの異常洪水防災操作

 

 

テレビで渡月橋の水量を見ていたのですが、上流で豪雨があろうがなかろうが常に渡月橋の欄干に迫る

 

水量が流れていたのです、不思議に思っていたのですが、日吉ダムで水量を調節していたことが分かったのです

 

桂川、鴨川、宇治川、木津川など淀川に流れるすべての川の水量を計算しながら、水門のゲートを数センチ単位で

開け閉めしていたそうです。

 

聞くところによれば、水門はコンピュータで自動制御されているようですが、日吉ダム管理責任者は

 

コンピューター制御を切断し、手動に切り替えたそうです、おそらく責任者の方は辞表を懐に忍ばせながら

 

職務を遂行したのでしょう。

 

おかげで、嵐山近郊が水没から免れたようです。

 

これこそ「プロフェッショナル」 「名人芸」 の称号を付与したい気持ちです。

 

おれ達お父さんも、何十年もタイヤに携わってきましたが、まだまだ、未熟者です、

 

勉強させてもらいました。

 

 

 

                        、

 

 

 

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る