ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

浄瑠璃寺 阿弥陀如来の修復

2018年7月9日

京都府と奈良県の境目にある浄瑠璃寺(九体寺)の阿弥陀如来像が2体づつ修復のために、

 

運び出されることになったようです。

 

 

 

2体づつ修復して最後に真ん中の大きな阿弥陀如来が1体修復する予定で、全て修復するのに約5年

かかるそうです。

 

修復が始まるまでに、参拝しておきたかったのですが、かないませんでした。

かれこれ50年以上もの長きにわたり、時間があればお参りしてきたのですが、少し寂しい気がします。

学生の頃からですが、その頃は参拝客も少なく京都と奈良の県境ということに加えて、交通の便が悪く

ゆったりと参拝できたのですが、最近は道路も広く整備され、国宝でありながらガラスなどの囲いもなく

今では多くの観光客で賑わっています。

 

5年後にすべての阿弥陀如来が修復を終えたら、参拝に行ってみたいですね。

                       、

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る