ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

大地震 それからの出来事

2018年6月25日

6月18日7時58分頃

 

おれ達お父さんは店に出ようと家で用意していたら、突然突き上げられる揺れを感じたとき、

 

自宅が大きく揺れ動きあした、「あっ、地震がきた」と思っていても、その時は咄嗟の行動が

 

とれなくて、その場にじっと埋まっていただけでした。

 

収まるまで非常に長く感じたのでしたが、あとで聞いてみると10秒程度の揺れとのことです。

 

幸い、自宅は棚から物が落ちることもなく、家族も無事でしたので急いで店に急いで車で飛ばしたのですが、その時にはすでに、パトカーや救急車のサイレンの音があちらこちらで交錯していて、車が混雑しだし中々店にたどり着けなかったのです。

道中では、店が倒壊していないか?商品が飛び散っていないか?不安でいっぱいでしたが。幸いにも、事務所の中の棚から物が落ちてきたのと、タイヤが床に転げ落ちていただけで済みました。

 

 

 

 

少ししてから電話も繋がらなくなり、テレビで地震の大きさや被害が放映されたのですが、震源地は

当店「ミスタータイタマン高槻」から直線距離で5KMほどの地点で震度が6.1と報道されたので、こんな近くで震源地であったのかと驚きました。

それから暫くして電話もつながり、多くの方々から電話やメール、フェイスブックで安否を気遣う言葉をいただきまして、ありがとうございました。

 

震源地のあたりは、古い地名が「津之江」 「三島江」と呼ばれていて、昔は大阪湾の入り江がこのあたりにあり地層が軟弱で、通学途中でブロック塀が崩壊し死亡した女子児童が亡くなったた寿栄小学校は震源地から3KMほど離れた場所にあり、揺れが大きかったのでしょう。

その日の夕方になってから、高槻市のHPで水道の断水や都市ガスの供給がストップするとの情報が公開されたので、飲料水の確保に努めて断水に備えて自宅で余震に震えながらテレビで情報を集めていたら、夜中に取引先のガス工事会社から電話がかかってきて、店の前の歩道に埋設しているガス本管の掘削工事をしたいから、店の敷地を使わせてほしいとの依頼があったので、すぐ承諾したのですが、あとで聞いたところ、30センチほどのガス本管を切断しガスを止めたとのことで、当店からどちらかのガスが供給できなくなつたようです。

大地震2日めは、市内や茨木市などで被害が報じられてきたのですが、震源地から大阪湾のかけての被害が大きかったようです、その日はブリヂストンタイヤから社長をはじめ、おおくの社員の方が慰問に来てもらって被害状況や困ったことがあれば、いつでも応援にかけつけるとの励ましの言葉をいただき、感謝しております。

幸いにも、当店や自宅の断水やガス供給が止まることがなかったのですが、市内の各地で断水、ガス供給ストップの緊急事態が発生していて、市内では全国各地のガス会社から応援部隊が集結してきて、大規模な復旧作業が始まりました。

大地震3日目の朝になり、店の前の歩道地下のガス本管の復旧工事をするとの連絡があり、承諾して工事の推移をみたのですが、、、、

 

 

 

 

とてもではありません、店は開店休業状態です。

おまけに、片側通行で道路は大渋滞で、その日は来店客が全くなく、今日中に工事が終わるのか不安でしたが

現場工事に携わっている職人さんたちの必死の作業で夕方には無事終えることができたのです。

 

これで無事ガスが各家庭に供給できるようになり、ホットしました。

天災などの震災が起こると、「超法規」の考えが必要であり、私たちがどれだけ協力できるか、理解が必要でしょうね、、

 

大地震から1週間が経過しようとしていますが、この間、売上げは大幅に減少しました。

 

仕方がないことです、、、λλλλλλ

 

 

「陽気に、元気に、 生き生きと」

 

明日から ガンバロウ、、、、、

 

 

 

                            、

 

 

 

 

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る