ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

冬の産卵

2018年2月19日

おれ達お父さんの店「ミスタータイヤマン高槻」の敷地内で飼育している「アローカナ」品種の

 

ニワトリがいますが、今は2羽だけになってしまいました。

 

いずれも、雌で黒い色と見慣れた黄色い色の2羽ですが、「アローカナ」種の原種ではなく、

 

原種に他の品種と掛け合わせた「アローカナ」もどきです、生後3年ぐらいになるのですが、

 

いまでも、たくさんの卵を産んでくれます。

 

もともと、「アローカナ」の原種は卵の産卵率はあまり良くないので、他の品種と交配して、産卵率を

 

上げているのですが、それでも、寒い冬場は産卵が低下します。

 

去年、孵化器を買い人口孵化に挑戦したのですが、何回も失敗しました。

 

やはり親鳥に孵化させたほうが効率が良いようです、

 

自然の摂理には負けますね、、

 

これから暖かくなると、雌鶏が抱卵するようになるので、その時ネットで有精卵を買い、

 

孵化させてみます。

 

この寒い時期になると、スズメがニワトリのエサを食べに来るので、エサ代が高くつき困ります。

 

そこで、一度にたくさんのエサをやらずに、少量ずつ何回かに分けて、ニワトリにエサを与えています。

 

 

 

 

 

 

スズメたちが、エサを待っています。

可愛いですね

 

 

 

 

                          、

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る