ミスタータイヤマン高槻店のインフォメーションサイトへようこそ!

スタッフ日記

 TBチェンジャーのオイル交換

2017年8月28日

おれ達お父さんの店「ミスタータイヤマン高槻」で使っている、TBチェンジャーが

 

10年目を迎えようとしています。

 

 

イタリア製「コルギー社のAG、TT」で同じ機械で2代目になるので、かれこれ30年近く

 

同じチェンジャーを使っている計算です。

 

このチエンジャーはホイールからタイヤを取り外すときに、 ビード部分に接触する部品がローラーではなく

 

ディスクになっているので、チューブレスタイヤの組み換えには、少し時間がかかるのですがホイールが

 

 JIS規格からISO規格に変更になってきている現状では、ハンプの取り外しや組み込みが容易に作業できるので

 

ISO規格で先進国の欧米の機材は日本より進んでいるように思えます。

 

 

油圧オイルを抜き取ると、10年間一度も交換していないので真っ黒に汚れています。

 

 

新しい油圧オイルを注入するのですが、メーカー指定のギアーオイルではなく、タービン油、油圧オイル

 

兼用の「エネオスマルパス」を入れています。

 

なぜなら、ギアーオイルでは冬の時期に固くなり温まるまでキーンという油圧ポンプの異音がして

以前ポンプを痛めて交換したことがあるのです。

 

 

シリンダー内部のオイル交換は無理ですが、オイルタンクの中だけでも交換できたので、

 

良しとしましょう、、、

 

これで、あと10年は使えるでしょう、、

 

マイクロスイッチは純正のスイッチはあまり長持ちしません、「オムロン」のスイッチは長持ちしますよ。

 

1個 400円ぐらいで、20万回の使用に耐えられます、、、メーカー保証付きです。

 

「オムロン」は最近欧米の機材メーカーも散り入れているようです。

 

 

 

                                      、

 

  • 投稿者:藤本

ページトップへ戻る