来店予約

スタッフ日記

タイヤのパンク

2022年9月10日タイヤ

こんにちはタナカです。

今回はタイヤパンクの話をしたいと思います。

 

先日、軽トラに1本のタイヤを積んでお客様が

来店されました。

「タイヤの空気が抜けて潰れてしまったので

積んで持ってきた」との事です。

 

確認すると、ホイールに装着してあるタイヤが

潰れて空気が抜けて「ペコペコ」状態です。

空気が抜けたのはタイヤが路面に接地する

面に鋭利な5cm程の切り傷が原因でした。

 

空気が抜けてから少し走行してしまった様で

タイヤの側面の文字が削られています

(黄色丸の部分です)

黄色丸の部分は通常、路面には干渉しない箇所に

なるので削れには弱いのです。

ちなみにこちらの面は車両に装着してある時、

外側になり目視がしやすい側です。

 

タイヤを裏返しにしてみて「えっ(;゚Д゚)!?」

車両に装着している時に見えずらい側が…

文字は削られて消えてしまい、黄色丸の部分が

凸凹に変形しています。

 

さらにタイヤ内部の写真です。

赤丸の部分がボロボロになって、黄丸の様な

ゴムクズが溜まってます。

 

今回は残念ですが修理が不可能な為、同じ種類

のタイヤを購入いただきました。

 

パンクはお車を使用していれば起こりうる事件

です。

「パンクした」「タイヤが潰れている」など

異変を感じた時は、早めに車両を安全な場所に

停車させて、スペアタイヤに履き替えるか、

JAFなどに救助を求めて下さい。

 

小まめな空気圧点検は、パンクの早期発見にも

繋がります!

当店でも無料で点検しておりますので、気軽に

お出かけ下さい♪

ページトップへ戻る